ドアミラー修理 in W202

0
    もうすぐ年明けですね。

    今年は9連休だが、
    特に予定もないので
    家で仕事しよかなと思っているが
    息抜きも必要なんで
    何しよか考えた。

    最初はプラモデルでも作ろかなとも思ったが
    どうも息抜きになりそうにないんで
    結局、車イジリに決定。

    実はちょっと前から、ドアミラーの調節が
    出来なくなっていたんだが
    特に困らなかったのでほっておいたのが、
    ついに折りたたみ格納も出来なくなってしまった。

    さすがに折りたたみが出来ないと洗車時に困るので
    ヤナセに持って行って聞いてみた。

    「ドアミラーがウンともスンとも言わなくなってんけど、
    これって修理するといくらぐらいかかるの?」

    と訊くと、車を見終わった担当者が

    「これは丸ごと交換になりますから、
    ミラー本体・スイッチassyと工賃でたぶん13万ぐらいかと。」

    「・・・。 持ち帰って検討します。」

    ビミョーな値段を聞いて、

    「めんどくさいし頼もうかな・・・」

    とも思ったが、
    やっぱり作業内容と工賃の
    コストバランスに納得がいかないんで
    自分ですることにした。

    以下からは、ワイパー修理の時と同様に
    作業記録日記をかねながら
    同じ型のベンツ(C230)に乗ってる人の参考になれば。

    このドアミラー故障は、ワイパー故障と並んで
    W202の型のベンツの定番らしい。

    原因として、この年代のベンツのドアミラーは
    折りたたんだ状態の時に機関部が丸見えで配線もむき出しなので、
    紫外線や雨水などで配線の被膜がボロボロになってショートして
    動かなくなってしまう。

    んで、早速ヒューズを確認すると
    15Aのヒューズが焼き切れていたので、
    とりあえず20Aのヒューズを差して
    取り外しのためにミラーを強引に折りたたむ。

    そうするとミラー本体を止めている3本のネジが見えるので取り外す。
    ちなみに一番下のネジはオフセットドライバーがないと回せません。
    (写真参照)


    左右のミラーを取り外し、
    ミラーカバーを本体から取り外すために
    開口部からマイナスドライバーをつっこんで
    留め金を外す。(写真参照)


    そしてカバーを外して配線を見てみると・・・

    やっぱりボロボロです。


    金属カバーも外してみると・・・


    エライことになってました。

    とりあえず、配線の順番をマークしてから
    全部ぶった切って、生きている配線から
    新しい配線を継ぎ足して熱収縮パイプで配線を保護し、


    きれいにやり代えました。


    ここで、運転席側のミラーが終了したので
    助手席側のミラーもしようと思いミラーカバーを外すと、
    多少のひび割れはあるものの、まだ大丈夫そうだったので
    メンドクサさも手伝って今回はやらないことにした。

    それにしても右と左でなんでこんなに違うんやろ?

    とにかく作業が終わったドアミラーを車に取り付けて
    格納ボタンを押すと、
    見事に格納されました。y( ̄ー ̄)y

    がしかし、ミラー格納ボタンは復活したものの
    ミラー角度調節のスイッチは依然反応がない・・・

    「配線は修理したしヒューズも飛ばないので
    原因はスイッチ本体にあるのかな?」

    と思い、乗りかかった船なので
    スイッチもばらしてみることに。

    まずはスイッチパネルを外すため、
    シャルターリングを抜き取り、


    小物入れの隙間から手を突っ込んで
    パネルを上に引き上げるとパコッと取れます。


    で、うらの配線コネクターを抜き取り、
    パネルにひっついているスイッチケースを取り外します。
    (写真参照:白矢印の方向にスライドさせると留め金から外れる。)


    そして各スイッチを引っかけから丁寧に外して行きます。


    この時、チャイルドロックスイッチは特に丁寧にやらないと
    俺みたいに泣きを見ることになるよ・・・
    (組み立て時にアロンアルファで強制固定です。)


    そして、この作業の目的である
    角度調整スイッチを取り外す。


    これでスイッチの基盤が取り外せるので


    外した基盤をじっくり調べると・・・
    やっぱり基盤のプリントが焼き切れてました。


    ここで本来なら、ヤフオクで探して交換ってコースだが、今は

    「とりあえず通電してミラーが動けばエエわぃ」

    ってなノリなんで、ハンダで対応することに。

    まずは余ってる配線の被膜をとって導線をハンダ漬けにして、


    断線してるプリント基板の上に
    フラックスを塗り(フラックスについてはココを読めぃ)


    先ほどのハンダ漬けにした導線を適当な長さに切って
    基盤にハンダで接着。
    テスターで通電しているか確認する。


    これですべての作業が終了したので
    パネルを元通り組み立ててエンジンスタート。
    スイッチを動かすと、ちゃんと動きました。ヽ(´ω`)ノ

    んで、

    今回かかった費用は、

    ・配線類:800円
    ・半田コテ:1,100円
    ・半田・フラックス:800円
    ・アロンアルファ:400円

    の、3,100円・・・。

    13万が3,100円です。

    これが「エコ」です。

    もうメッチャ「エコ」です。

    ちょっと自分でもビックリです。

    まぁ今回はちょっと時間が掛かった(通算して約5時間)ので
    時間を金で買うタイプの人にはオススメしないが
    息抜きにはちょうどいい感じでした。

    さて、

    今年もあと2日。

    来年もよろしくお願いします。

    ブレーキパッド交換 in W202

    0
      先週に引き続き、今週も車いじり。

      ブレーキパッドの交換す。

      まずはジャッキアップしてタイヤを外す。

      ちなみに車をジャッキアップして作業するときは写真のように

      必ずウマ(三角の赤いヤツ)をかまして
      さらに外したタイヤを車の下に入れてから作業するように。



      これをせずにジャッキだけで作業して、
      車の下に潜り込んでるときに
      ジャッキがつぶれて死にかけた人がいるので。( ;´・ω・`)

      んで、今回付け替えるのは
      POLY TEX(ポリーテックス)社製の
      フロントブレーキパッド。



      まったく訊いたこと無いメーカーですが
      ヤフオクで激安だったモノを購入。

      「大丈夫かいな?」と思ってたが、
      やっぱり作りが荒すぎて
      ちょっと加工しないと使えませんでした。

      やっぱり安いモンには理由があります。

      んで作業開始。

      ディスクブレーキの構造は
      だいたいどの車も同じなので
      サクッとキャリパーを外して・・


      サクッと交換終了。


      これで車検整備も終了したので
      あとは業者におまかせするだけ。

      でもやっぱり車いじりはオモシロイなぁ。

      いいストレス発散になりやした。


      ワイパー交換 in W202

      0
        今、乗っている車が
        6月末で車検が切れるので
        車検の事前見積に持って行ったところ、

        「ブレーキパッドの交換とワイパーの修理が必要です。」

        とのことだった。

        このワイパー修理ってのが、実は前から

        「はよ直さんとなぁ・・」

        と思っていた箇所なんだが今の今までほったらかしにしていた。

        どんな状態かというと、下記写真のように

        ちょうど視界の真ん中にワイパーブレードが止まってしまう状態で、
        1本アームのベンツにはよくある故障らしい。

        目障りで仕方なかったんだが、
        なんで今までほったらかしだったかっつーと
        以前、ヤナセに修理を頼もうと持って行ったときに

        「ところで修理費は幾らかかんの?」

        と訊くと、担当者が

        「これは丸ごと交換になりますから、
        パーツ・ユニットassyと工賃でたぶん20万ぐらいかと。」

        「えっ?いくらって?」

        「ですから20万ぐらいかと。」

        「また来ます。」

        なにが楽しくて斜めに止まってしまうだけの
        ワイパーの修理に20万も払わなあかんねんってことで
        家に帰ってソッコーでネットで調べると

        神奈川県の自動車ショップに
        一万円弱で売りに出ているのを発見、購入し保存していた。
        ほんまにインターネットは便利っす。

        ただ、やっぱいざ交換ってなると
        俺は基本的にメンドクサがりなんで

        「まぁ車検のときにダメっていわれたら換えよぅ」

        と思っていたのがヤッパリ指摘されたので
        仕方なく交換することにした。

        以下からは、俺の作業記録日記をかねながら
        同じ型のベンツ(C230)に乗ってる人が
        パネルの外し方がワカランって時の為に参考になれば。

        作業場所は、家の駐車場は狭いので
        事務所の真ん前にある
        大阪は中之島の時間貸し駐車場のタイムスで行う事にした。
        それにしてもいい天気。


        まずはボンネットを開けると
        ワイパー周辺は樹脂カバーで覆われているので
        これらを外していく。


        左右のカバー下記写真のそれぞれ赤丸の部分で
        爪の引っかけを外しながらフロントウインドウにそって
        白矢印の方向に引き抜く。(左3カ所)


        右も同様に引き抜く(右3カ所)


        するとフロントウインドウに沿って
        計10カ所のネジが現れるので全部外す。


        樹脂カバーの両端に10mmのナットがあるので
        左右とも外す。


        樹脂カバーの下は下記写真赤丸のような爪で引っかけてあるので
        折らないように注意しながら取り外す。


        各爪の場所は下記写真のとおり


        んで、ワイパー根本のカバーを下方向に抜き取る。


        これでワイパー本体が見えるので
        下記3カ所の赤丸にある10mmナットと
        水色丸の振動止めのプラスチックカバーを外す。


        最後にワイパーのコネクターを外すと


        取り外し完了。


        下記写真が今回取り外したパーツ全部。


        あとは先だって1万円弱で購入していた
        ワイパーassyと交換するだけ。

        左が壊れワイパー、右が正常ワイパー。


        取付は
        上記までの手順を逆にして取付していくだけ。
        今回のトータル作業時間は、ボチボチやって
        約1時間でした。

        完了写真


        かかった費用と言えば

        ・ワイパーassy:12,000円
        ・タイムス料金: 800円(作業ショバ代)
        ・おーいお茶 : 150円(おやつ)

        の約13,000円です。

        20万が1.3万です。

        これぞエコです。

        モッタイナイ」精神です。

        実はブレーキパッドも購入していたのがあるので
        次回は「自分で交換するブレーキパッド」の巻です。



        レーダー探知機

        0
          こないだの有馬温泉への往き道で
          スピード違反で青キップを頂戴したのをきっかけに
          車に取り付けるレーダー探知機を買った。

          自分の性格上、飛ばすつもりはまったく無くても
          見通しのイイ直線道路では
          アクセルを無意識に踏んでしまってるみたいなので
          レーダー探知機に言葉で注意してもらうようにした。

          購入した機器は、
          セルスターのAR-65SE


          型遅れだが当時の上位機種で、
          GPS対応モデルで現行機種と比較しても
          機能的に遜色のないモデルだ。

          もちろん型が古いので値段も大幅にディスカウントされていて
          お買い得感もバッチリです。

          この機種にした理由は
          まず、セルスターのモデルは取り締まりポイント
          GPS登録データ件数が他のメーカーに比べて非常に多く、
          レーダー探知機単体では発見が困難なステルス方式の取り締まりや、
          大体おんなじ場所で行っている
          パトカー追尾での取り締まりに対処が出来るのと、
          やはりセパレートタイプなので設置場所の自由度が大きいってところ。

          んで、ちょーどGWなのでいそいそと取付開始。

          まずはETCの回でもやったデッキの取り外しをして・・・


          ACC電源を分岐させて探知機用の電源を取り出し。
          このときにちゃんと電流がきてるかどうかを
          テスターで確認しておく。


          あとは取付場所を決めて
          配線を隠しながら機器に接続すれば終了。

          今回の作業は簡単すぎて手応えがありません・・(・ε・)




          これでもうサイン会場に足を運ばなくて済むかな?

          ETC車載器を付けてみた

          0
            意外と手こずってしまった(;´д`)ゞ フィー

            これでも16歳の時にはワーゲンショップでバイトしてたんで
            楽勝楽勝アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノ
            と思ってたけど・・やっちまった。詳しくは後ほど。

            まずは配線からACC電源とBKUP電源を取るのにオーディオ配線から拝借するためデッキを外す必要があるが、ヨーロッパ車などのデッキは専用のSST(特殊工具)が必要になるのでそれらが付属されている下記のキットを購入。
            ETCの取付だけならSSTだけ購入すればこのキットは要らないんだけど、
            そのうちカーナビを購入する時にどっちみち必要になるので買っちゃいました。

            ・オーディオ移設キット NKK-G94DE
            オーディオ用 取付けキット 外車用 ベンツE・C・AクラスなどKK-G94DE

            で作業開始。

            まずは取付場所になるグローブボックスを外すために
            写真の丸印の4本のピンとキャッチ金具を外す。


            次にデッキにSSTを差し込み、そのまま手前に引き出すとスコッと抜ける。


            そうするとデッキにつながってる配線がでろんと出てくるので
            配線分配コネクタでACC電源とBKUP電源を取り出す。


            これで電源配線類は完了したので、次にETC車載器の取付に入る。
            まずはスピーカ兼アンテナ受信部をバックミラーの裏に取り付けて
            内装の隙間にコードが見えないように押し込んでいく。
            フンフーン


            そんでもってグローブボックスの裏から配線を通して
            ここで一度ETC車載器をつないで動作を確認。


            フフフ( ̄ー ̄)ニヤリ
            ここまでの所要時間は約30分。
            あとはグローブボックスを加工して見栄えよく取り付けるだけ。
            やはり楽勝楽勝アヒャヒャヒャヒャ ヘ(゚∀゚ヘ)(ノ゚∀゚)ノ ヒャヒャヒャヒャ
            と思いつつ写真の状態に配線を引き出し、

            グローブボックスを抱えてウチの中へ・・・
            後にこの写真内のフレームパイプが原因でヘトヘトになるとも知らずに・・


            ETC車載器の配線接続部を表に出すため、
            ウチの中で新聞紙を広げてグローブボックスの加工を開始。
            ギコギコ


            穴を徐々に広げていき、スッと本体が抜ける所まできたら
            本体を差し込んで両面テープで固定。

            ウーンいい感じ。

            後は取り付けて作業終了〜っと早速クルマに戻ってはめ込む。

            あれっ?

            あれ〜〜〜〜〜?

            ・・・(;´Д`)ウウッ… 奥まで入らない・・・・

            よく見るとETC車載器のおしりに付けた配線がさっきのフレームパイプに当たって奥まで入らない事が判明。ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

            うわぁぁしまったぁぁどないしよぉぉぉ

            と悩んだけど仕方がないから
            パイプに当たらない上側にもう一回穴を開け直す事に。


            最初の穴はそのままやと物が落ちるので
            厚紙と布ガムテでフタをしてごまかした。
            まぁもともと容量が小さく、ガススタの会員証ぐらいしか入らない使い道の全くないボックスだったので気にしないことにした 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

            で気を取り直してクルマに戻ってボックスを装着。


            そしてネジ類とピンをはめ込んで、やっとこさ作業終了。
            はぁ〜〜〜疲れたぁ〜〜〜
            あとは実地テストだけやな。フフフ(゚∀゚)

            さっそく試しにドライブへいくウレシな俺。
            ウチを出て176号線をひた走り、
            阪神高速7号北神戸線の西宮山口東の入り口へ。
            ドキドキ


            ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

            ちなみに北神戸線は通行料金が500円、割引が50円でした。


            1

            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            2930     
            << November 2020 >>

            Amazonマイストア

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • ワイパー交換 in W202
              Tommy
            • ワイパー交換 in W202
              はじめまして
            • ワイパー交換 in W202
              tanaka
            • ワイパー交換 in W202
              hide_tk
            • ワイパー交換 in W202
              tanaka
            • ワイパー交換 in W202
              敏3
            • ドアミラー修理 in W202
              みみどん
            • ワイパー交換 in W202
              ちくわ
            • ドアミラー修理 in W202
              hide_tk
            • ドアミラー修理 in W202
              tomo

            recent trackback

            recommend

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM